1. ホーム
  2. 電子定款と公証人認証

公証役場での電子定款の公証人認証

  

電子定款ってどういうもの?

会社を設立する際に、会社の名称、本店所在地、 人的組織や資本金、事業年度等を定めます。 その事項を定める会社の根本規則が定款です。

この定款は、法務局の申請書類にもなっており、 公証役場という役所で公証人の認証を受けて初めて効力を生じます。
現在、定款は紙で作成する従来の方式のほか、電磁的記録(データ)として作成することもできます。 これが電子定款です。

定款には、4万円の印紙を貼る必要がありますが、電子定款にするとその印紙が不要となります。
従って、実質上4万円の費用が不要となり、お得に会社設立することができます。

通常、電子定款の原案はWORDファイルで作成・編集 して、PDFファイル化して電子署名を行います。

当事務所の電子署名の印影は、デザイナーが筆記体で作成しておりますので、 電子定款としてのビジュアル面でもお気に入り頂けると自負しております。

電子定款は公証人認証により効力を生じます。

【重要】電子定款は、公証人の認証により効力が発生します!

定款を作成したら公証人の認証を受けます。定款の認証を受ける場合、公証役場に以下のものを送付します。

@作成した定款の原案
A印鑑証明書(発起人全員・3ヶ月以内のもの)
B代理人の委任状
C代理人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの

電話かメールにてお問合せ下さい。


トップへ戻る